このページでは、主に業務で使用するのにおすすめの商品などをレビュー記事とあわせてご紹介します。

PC本体

業務で使用するPCというとWindows PCが一般的ですが、当社ではMacを推奨しています。アート系のイメージが強いMacですが、業務用途でも十分に使えます。Microsoft OfficeやAcrobat DCはMacにも対応していますし、G Suiteなどのクラウドソリューションを中心に運用するならOSは関係ありません。Windowsに慣れている方は無理に乗り換える必要はありませんが、使いやすさはMacが上と感じます。とくにこれからPCを覚える方におすすめです。Appleのサポートも良く、電話で相談すると親切丁寧に対応してくれます。

といっても、業務用のアプリがWindows専用だったり、Internet Explorerでないと動作しないWebサイト(信金などに多いようです)を利用する必要がある場合はWindows PCが必要です。Macと違い多くのメーカーが製造しており、中には安価で入手できるものもあります。安いものはそれなりに性能が低く、運用でストレスがかかりますので、あまり詳しくない方は安いものは避けた方が無難です。

入力機器

Logicool Flow

一台のPCに複数のモニタを接続するマルチモニタ環境はだいぶ一般的になってきました。しかし複数のPCを使う場合にはそれぞれにキーボードとマウスが必要です。複数のPC(Windows/Mac)に接続し、ボタンなどで切り替えることができるキーボードやマウスもありますが、これをさらに便利にしたものがLogicool Flowです。いちいち手動でマウスやキーボードを切り替える必要はなく、マルチモニタのように画面端にマウスカーソルを移動するとPCが切り替わり、同時にキーボードも切り替わります。詳しくは当サイトの紹介記事もご参照ください。

キーボード

ロジクール キーボード ワイヤレス 無線 KX1000s bluetooth CRAFT Unifying Windows Mac ワイヤレスキーボード 薄型 国内正規品 2年間無償保証

クリエイティブ入力ダイヤルを搭載したキーボードです。値段は高めですが、Adobe Photoshopなど、ダイヤルに対応したアプリケーションを使用する場合に便利です。当社でレビューしているモデルです。


ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 2年間無償保証

MX MASTERシリーズの現行最新モデルです。ダイヤルはありませんが、Linuxやスマホにも対応しています。

マウス



Flow対応のマウスやキーボードは紹介したもの以外にもいくつかあります。詳しくは公式サイトをご参照ください。
Logicool Flow

ワイヤレスイヤホン

Apple AirPods Pro


充電ケースから取り出して耳に装着するとスイッチオン。手間なく使えます。ノイズを低減するアクティブノイズキャンセリング。外出時などは外部音取り込みモードで安全に。高性能で満足のいく製品です。

詳細はこちら
弊社の動画レビューはこちら


AppleのAirPods等の一覧はこちら。ノイズキャンセリングなどはProのみの機能です。

モニター関連

モニター

モニターアーム

モニタやテレビを壁掛けにしたり、アームに取り付ける際のネジ穴の位置やサイズはVESAという規格で標準化されています。VESA対応のモニターをVESA対応のアームに取り付けることが可能です。VESA規格についてはこちらが参考になります。
VESA規格とは | サンワサプライ株式会社

VESA規格にもサイズ違いなどありますが、上で紹介したモニタは下記のアームに対応しています。余談ですが、モニタやテレビの背面のVESA対応のネジ穴に取り付けられる小型PCなどもあります。

スキャナー

紙文書の電子化に欠かせないのがスキャナーです。弊社でも富士通のScanSnapシリーズを使用しています。机の上に置いた原稿を上から読み取るモデルなど、いろいろなタイプがあります。

スタンド

床に、机上に、はたまた冷蔵庫などの金属面にタブレットやスマホを便利に設置できるグッズです。

文房具

パイロット 消せる3色ボールペン フリクションボール3 ウッド 0.5 ダークブラウン LKFB-2SEF-DBN


すっかり定着した消せるボールペンです。便利ですよね。60°C以上で透明になるインクが摩擦熱で消えるということは、こすった紙面は60°C以上になっているということ。意外と熱いですね🔥。ちなみに、消えたインクは-20°Cで戻るという話を聞いたことがあります。