近年、ICT(情報通信技術)の活用や人事制度の見直しを行う企業が増えています。

その拝見にあるのは、生産年齢人口の減少という慢性的な人手不足です。
働き手の確保に多くの企業が悩まされています。

この状況を打開する方法として、実施されている主なものが次の3つです。

働き方改革による打開策

■働き続けられる環境作り
育児中、介護中など何かしらの事情があっても、働き続けられるように制度や環境を整備。
テレワークの導入は、この施策のひとつです。

■労働生産性の向上
より少ない人数で仕事を行えるよう労働生産性を高めます。

■外部スタッフの利活用
副業の解禁やフリーランスの増加により、仕事のスタイルが変化。
プロジェクトごとに社内外から適した人材を集め、仕事を行うケースが増えています。
こういったワークスタイルで業務を進める場合、時間や場所にとらわれない環境が必要です。

以上のような働き方改革を行う際の成功のカギは、
「ICTの活用」「社内制度・ルールの整備」「文化の醸成」

弊社では中立的な立場で、御社に合う最善の方法をご提案し、サポートいたします。

丁寧にヒアリングをさせていただいた上で、ツールなどを選択していきます。

これまでのケースですと、中小企業の場合、ツールのひとつとして『G Suite』をお選びいただくことが多いです。

中小企業にG Suite(旧 Google Apps)を選ばれる理由

■ITの専門家がいないので、できるだけシンプルな運用・管理をしたい
中小企業の場合、ITの専門家が不在のケースが多々あります。
ITに詳しい方がいる場合でも、他の業務と兼務していることが多く、できるだけシンプルな運用・管理を希望される傾向にあります。
G Suiteは基本的にブラウザのみで対応でき、特別なソフトのインストールやアップデート等が不要で管理がしやすいのが特徴です。

■できるだけコストを抑えたい
G Suiteの費用自体はOffice 365と比較して大きな差ありませんが、前述した通り管理の負担が軽いので、トータルでのコスト削減が期待できます。

■デバイスフリー
G Suiteは、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、端末を問わず使用でき便利です。

参考:
【G Suite(旧Google Apps)】有料版は、無料版とはどう違う?
中小企業に合うのは「G Suite」と「Office 365」のどちら?比較して違いを解説
中小企業がG Suiteで行う働き方改革!場所を超え、業務改善をして成果を上げる
Google Vaultとは?低コストで電子証拠開示やコンプライアンスのニーズに対応!

中小企業のG Suite(旧 Google Apps)活用方法

ブログにてG Suiteの活用方法をご紹介中です。

【Gメール】
メールアドレスを複数持ちたい!メールエイリアスとは?Gmail、G Suiteの設定方法

【Googleドキュメント】
Googleドキュメントを便利に活用!おすすめの拡張機能をご紹介

【Google keep】
EvernoteとGoogle Keepの使い分け!仕事の管理、ToDo管理に

【その他】
スタッフおすすめのChrome拡張機能(アドオン)5選
G Suiteで業務を自動化「Google Apps Script」の活用

弊社では、お客様が抱える問題・課題に応じて、解決策をご提案し、サポートいたします。
特定の業者ではなく、中立的な立場であるからこそ、より最善のご提案ができるのだと考えています。
困ったことがあったときに、「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえるような存在になれたら幸いです。
当社だけで解決できない問題については専門家とチームを組み解決に努めます。