[Pixlr Editor] Googleドライブで使える無料の高機能画像編集ソフト

画像編集ソフトといえば、「Photoshop」が有名。
ただ、それなりのお値段がするので、ちょっとした加工程度であれば、無料ソフトで対処できると便利ですね。

そこで、ご紹介したいのが「Pixlr Editor(ピクセラエディタ)」です。Windows標準の「ペイント」より、はるかに高機能な上、ブラウザで操作できます。簡単な画像編集なら十分でしょう。

Pixlr Editorのはじめ方

Pixlr Editorはブラウザ版のほかにアプリ版も出ていますが、ここではGoogleドライブ上で使用する方法をご紹介します。
Googleアカウントさえ持っていれば、Pixlr Editor自体の会員登録は必要ないので、気軽に始めやすいでしょう。

1.Googleドライブにアクセスする。「新規」→「その他」→「アプリを追加」をクリック

2.検索ボックスに「Pixlr Editor」と入力し、「接続」をクリック

3.少し待つと、「Pixlr EditorがGoogleドライブに接続されました。」と表示されるので、「OK」をクリック

4.「新規」→「その他」→「Pixlr Editor」とクリックすると、はじめられる

5.新規で作成するなら「CREATE A NEW IMAGE」、PC内の画像を使用するなら「OPEN IMAGE FROM COMPUTER」をクリック

6.「Language」で「日本語」を選択すると、表示が日本語になる

表示の拡大縮小は、ブラウザで行います。Google Chromeであれば、「Google Chromeの設定」→「ズーム」から行いましょう。

Pixlr Editorの基本的な使い方

よく使うツールは写真の左横にまとめられています。
使うツールをクリックすると「ファイル」「編集」などのメニューバーの下に細かな設定画面が表示されます。

(1)切り抜きツール
いわゆる「トリミング」と呼ばれる操作をするツール。画像の周囲に不要な部分が映っているときに使うことが多いです。残したい部分をドラッグすると、四角で囲った部分が残ります。画像の周囲に表示される「ハンドル」をドラッグすることで、範囲を調整可能です。

(2)一列選択ツール
長方形もしくは楕円形に選択できるツールです。長方形と楕円形は、「一列選択ツール」をクリック後にメニューバーの下に表示される「長方形選択」「楕円形選択」をクリックすると選べます。切り抜きツールのようにドラッグ後にサイズ変更をすることができません。

(3)選択ツール
クリックした部分と同系色の色領域を、一発で選択できる機能。人物だけを切り抜く場合などに使います。

(4)ペンシルツール
鉛筆のように画像に字や線が描けます。鉛筆のタイプも選べます。

(5)消しゴムツール
画像の一部分を消すことができるツール。細かな設定が可能です。

(6)グラデーションツール
何かをデザインするときに単色ではなくカラフルな色付けをしたいときに便利なグラデーションツール。透明度やタイプなど細かく調整できます。

(7)色置き換えツール
赤色の花を黄色になど、色を簡単に変更できるツールです。

(8)移動ツール
文字などの位置を移動させたいときに使用します。

(9)投げ縄ツール
多角形とフリーハンドがあり、画像を囲むことで選択します。

(10)ブラシツール
形状やサイズ、透明度などを調整可能。スタンプのように使ったり、影を描くのに使ったり。

(11)ペイントバケツツール
塗りつぶしたいときに使うツール。公差を小さくすると、クリックした場所と同系色の部分だけ塗りつぶせます。

(12)クローンスタンプツール
画像の中で一部分だけを消したいときに使います。風景写真の中に人物が映りこんでしまったときなどに便利です。

(13)描画ツール
長方形や丸、直線などを描けます。

(14)ぼかしツール
ぼかしを入れたいときに使います。

(15)指先ツール
ドラッグした部分をぼかしたいときに使えるツール。手軽にぼかしたいときに便利です。

(16)覆い焼きツール
ドラッグした部分の明るさを変更できるツール。

(17)赤目低減ツール
赤目補正をしたいときに使います。

(18)膨張ツール
指定した部分を膨張させることができるツール

(19)カラーピッカーツール
画像の中で気に入った色をクリックすると、その色を選択できます。

(20)ハンドツール
画像の別の部分を表示させたいときに、画面内を移動するのに使います。

(21)シャープ化ツール
ぼかしの逆でシャープに見せたいときに使います。

(22)スポンジツール
ドラッグした部分の彩度を上げたり下げたりしたいときに使うツール。

(23)焼き込みツール
明るさを暗くするツール。

(24)スポット修復ツール
画像の中の一部を消すツール。ちょっとした部分を消したいときに便利です。

(25)つまみツール
指定した部分を歪曲させることができる。

(26)タイプツール
文字を入力するときに使います。

(27)拡大ツール
拡大したい部分でクリックすると、大きく表示されます。

弊社では、お客様が抱える問題・課題に応じて、解決策をご提案し、サポートいたします。特定の業者ではなく、中立的な立場であるからこそ、より最善のご提案ができるのだと考えています。困ったことがあったときに、「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえるような存在になれたら幸いです。お気軽にご相談ください。