Google しごと検索への掲載方法は主に3つ!対応済か要確認&広告枠はなし

2019年1月23日、日本でも「Google しごと検索」がスタートしました!

採用難に悩む企業が多い中、無料で利用できるとあって注目が集まっています。利用する人が増えれば増えるほど、「Google しごと検索」に自社の求人が表示されないのは、大きな機会損失ですね。

一方で、「Google しごと検索」に表示させるためには、「構造化データが必要」で、何それ?とお手上げ状態の中小企業もあるかもしれません。しかし、心配はいりません。構造化データが分からなくても表示させる方法があります。

Google しごと検索とは

Googleが求人事業に参入するということで、以前から注目されていたのが「Google しごと検索」です。当初は「Google for Jobs」という名称でリリースされると考えられていましたが、最終的には「Google しごと検索」の名称でサービスが開始されました。

「Google しごと検索」は無料で利用でき、ユーザーが検索したキーワードと関連の高い上位3つの求人が掲載されます。現時点では、広告枠はありません。正社員だけでなく、アルバイトの求人募集にも使えます。

具体的にどんな感じで表示されるか見てみましょう。

「新宿 飲食店 正社員」で検索してみた結果が次の画像です。「広告」のすぐ下に表示されます(必ずしも広告の真下ではないという情報もあります)。ひと目で分かるような表示が特徴です。

Google しごと検索

下にある「→他○件の求人情報」をクリックすると、「Google しごと検索」に飛び、地域や投稿日、形態(フルタイム パートタイム、契約社員など)といったより細かい条件を設定して調べられるようになります。

最初に書いた通り、最初の検索結果画面に表示されるのは、上位3つのみになりますが、ユーザーが「Google しごと検索」のページに移行した後は、より多くの求人が閲覧されるので、諦めずに対応を検討するのがおすすめです。

実際の応募は、求人情報を掲載しているサイトから行われます。

Google しごと検索へ求人情報を掲載する方法

「Google しごと検索」へ求人情報を掲載する方法は複数ありますが、どの方法をとる場合でも、1件の求人ごとに1つのページが必要です。例えば、エンジニアの募集と販売員の募集は別々にページを作らないといけません。

「Google しごと検索」へ求人情報を掲載する方法の主なものは、次の3パターン。

自社サイトで対応

自社サイトに構造化データを用意すると、自動的にその情報をクリールして検索結果に表示されるようになります。構造化データとは、検索エンジンが情報を理解できるように決められたフォーマットで記載すること。例えば、システムエンジニアの募集をするときは、「 “title” : “システムエンジニア”」と記載することで、検索エンジンに伝わります。具体的にはこちらをご覧ください。

その他、検索してみると詳しく解説したページなどもあり、コピペして内容を書き換えれば自力で作成可能だと思います。

自社サイトを対応させる方法はシステム的なコストをかけずに、自社サイトへ誘導できるのがメリット。一方で求人数が多いと、その数だけ構造化データを作成しないといけないので、作成する負担は増します。

「Google しごと検索」に対応している採用管理システムを利用

応募から採用までの流れを一元管理できる「採用管理システム(ATS)」を既にお使いの企業も多いことと思います。既に導入されている場合は、「Google しごと検索」へ対応しているか確認してみてください。対応している場合は、新規で特に何もしなくても「Google しごと検索」へ表示されるはず。現在、対応していなくても、急ぎ準備をしているサービスもあるようです。

今後新たに導入を考える場合は、「Google しごと検索」に対応しているものから選ぶといいでしょう。

「Google しごと検索」に対応している求人媒体を利用

大手求人媒体では、「Google しごと検索」への対応が進んでいますので、例えばマイナビに登録しておけば、マイナビに登録した求人情報が「Google しごと検索」で表示されます。

こうした求人媒体を利用している場合は、「Google しごと検索」へ対応しているか確認してみるといいでしょう。

ATSや求人媒体を既にお使いであれば、たとえ現時点で「Google しごと検索」に未対応であっても、随時対応が進むのではないかと思います。ただ、これらを利用していない会社は急ぎ対応を検討することをおすすめします。

弊社では、お客様が抱える問題・課題に応じて、解決策をご提案し、サポートいたします。特定の業者ではなく、中立的な立場であるからこそ、より最善のご提案ができるのだと考えています。困ったことがあったときに、「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえるような存在になれたら幸いです。当社だけで解決できない問題については専門家とチームを組み解決に努めます。