Googleドキュメントを便利に活用!おすすめの拡張機能(アドオン)をご紹介

度々当ブログでもご紹介している「G Suite」をはじめとしたサービス。
今回は、Googleドキュメントをより便利に、そして使いやすくする方法をご紹介します。

以下とあわせてご覧ください。

Googleドキュメントの便利な機能11選!知らないと損する時短ワザ

アドオンの入手方法

Googleドキュメントは、Wordと比較してシンプルな作りです。
一方で、個々のニーズに対応できるよう、 多くの開発者がアドオンを多数提供しています。
つまり、自分に合う、求めているアドオンを追加することで、より自分好みの、自分に必要な機能が揃ったツールに仕上げることができるのです。

アドオンは、以下の手順で入手できます。

1.GoogleドライブからGoogleドキュメントを起動させる

2.メニューから「アドオン」をクリックし、「アドオンを取得」を選択

3.アドオンの選択画面が表示されるので、入手したいアドオンを選択。アドオンの名称が分かっていれば検索ボックスに名称を入れて探すのが早い

4.「+無料」をクリック(中には有料のアドオンもある)

5.「~~にアクセスを許可しますか?」というのが出てきたら内容を確認の上、問題がなければ「許可」をクリック

長い文章を書きたい

報告書のような長い文書を作るときは、スクロールで移動するのは大変。
「Table of Contents」という目次用のアドオンを使うと便利です。
自動で目次が作成され、クリックするとその場所へジャンプすることができますよ。
最近のパソコンはワイド画面が多いので、邪魔になることもなく、むしろ作業しやすいです。

実際の画面
左側の「概要」という欄が目次です。

文字カウント

Wordだとその場で文字数が表示されますが、Googleドキュメントの場合はひと手間が必要です。
メニューから「ツール」を選択して「文字カウント」をクリックする、または「Command(Windowsの場合はCtrl)+Shift+C」のショートカットキーを使用する、という2つの方法があります。
どちらもリアルタイム表示ではないので、文字数を確認しながら原稿を書くのには少し不便ですね。

もしリアルタイムで確認したいなら「Better Word Count」というアドオンがあります。

実際の画面

上から順に「ワード数」「文字数」「スペースを除いた文字数」を表示してくれます。

目次と文字カウントの両方を表示させてもいいですね。

参考:▼スタッフおすすめのChrome拡張機能(アドオン)5選

以下の記事もあわせてご覧ください。

Googleドキュメントの便利な機能11選!知らないと損する時短ワザ

弊社では、中小企業がIT化を推進する際、企業にあった形で適切に実施されるよう、コンサルティングを行っております。何かお困りのこと等ありましたら、遠慮なくお問合せください。

 

(関連記事)
【G Suite(旧Google Apps)】有料版は、無料版とはどう違う?
中小企業に合うのは「Office 365」と「G Suite」のどちら?比較して違いを解説
中小企業がG Suiteで行う働き方改革!場所を超え、業務改善をして成果を上げる
G Suiteで業務を自動化「Google Apps Script」の活用