Adobe Acrobat DCで電子署名をオンラインで依頼(いつでもどこでもPDF文書に署名)

経緯と概要

  • 先日、法人版のAcrobat DCを導入した。現在、新型コロナ対策としてテレワーク(リモートワーク)が推奨されているが、紙の書類にハンコを押すために仕方なく出社する例が報道されていた。「対面・紙・ハンコ」を避ける新たな方法として「オンライン・PDF電子署名」が利用できると考える。
  • Acrobat DCにAdobe Signが含まれている。まずはこれを使って上記の内容を試してみることにした。

電子署名・電子サインとは?

電子署名 – Wikipedia
電子サインと電子署名(Adobe)

Acrobat DCにAdobe Signが含まれている

Adobe Signのポイント(参考)

  • メールベースの仕組み
    →任意のメールアドレスに署名依頼が可能
    →相手はネット環境とブラウザがあれば署名できる(DC不要)
  • 複数人に署名を依頼する場合は、回覧板形式(メール設定順)
    →署名の進捗が確認できる(メールとWebのみ?)
  • DCに付属しているAdobe Signには年間150回の署名依頼の制限あり(追加の場合はAdobe Sign購入?通常はDCで足りる)
  • サイン時の方式もテキスト、手書き、画像などの選択肢がある
  • 署名依頼の作成時にコツがいる(慣れる必要あり?)
    →署名は比較的簡単
  • 署名対象のPDFはアドビのクラウド環境に保存されていつでも参照できる(各署名者はローカルにダウンロードも可能)

Adobe Signによる電子署名デモ(参考例)

  • 3人に署名を依頼(メールアドレス3つ。最初の署名者は自分。)
    →社員二人、部外者一人(フリーのメールアドレスでブラウザのみ)
  • 書類(PDF)の署名のフィールドは「署名フィールド」を選択して設定した。

署名用のフィールドの種類

署名デモ

まずAcrobat DCでデモ用のファイルを作成した。
画面右、ツール一覧の「Adobe Sign」をクリック。

電子メール(今回は3人分)や署名依頼のメッセージを入力し、「署名場所を指定」をクリック

先程入れた3人分のメールアドレスが追加されているのを確認し、再度「署名場所を指定」をクリック

PDFがAdobeのクラウドにアップロードされる

3名分の署名フィールドを設定。フィールドの位置合わせが難しい。

3名分の署名フィールドを設定した状態。今回最初の署名者は自分なので、右下の「署名して送信」をクリック

署名の画面になる。「クリックして署名」をクリック

「入力」を選択して署名した
「適用」をクリック

部長の署名が完了

管理者のアドレスにメールが届く

途中経過も確認できる

3人目(係長)に届いたメール
「確認して署名」をクリック

「署名するにはここをクリック」をクリック

「クリックして署名」をクリック

完了画面になる

この画面で完了したことを確認できる。
「署名デモ」をダブルクリックすると、完了したPDFをWeb上で確認できる。

まとめ

Acrobat DCに付属のAdobe Signを利用した電子署名(電子サイン)のデモを紹介した

導入をご検討の場合、こちらのバナーのジャンプ先で「法人向け」を選択してください。

ページ下部の「よくある質問」には「Acrobat DCのサブスクリプションには何が含まれていますか。」という項目があり、「Adobe Signサブスクリプション」が含まれていることが明記されています。