5Gとは?中小企業にとっては大きなビジネスチャンス

2020年3月、いよいよ日本でも5Gの商用サービスがスタートします(米国や韓国は既に開始)。これは大企業や特定の分野の企業だけでなく、多くの分野の中小企業にとって大きなビジネスチャンスとなるでしょう。

そこで、5Gとは何かを分かりやすく解説します。自社のビジネスにどう取り入れていくかを考えながらお読みください。

5Gとは何?

5Gとは、「ファイブジー」と読み、第5世代移動通信規格のこと。Gは「Generation(世代)」の略です。

第5世代ということは、移動通信システムには第1世代から第4世代というのもあります。

【1G】1980年代
初めて実用化されたアナログ方式の携帯電話に採用されていた通信システムのこと。まだまだ携帯電話は、限られた人のみが使用している程度の普及率でした。

【2G】1990年代
1Gのアナログ方式からデジタル方式になったのが2G。電話に加えてメールやウェブを利用できる機種が生まれました。

【3G】2000年代
世界中で使える携帯電話を目標にITUが策定。iモードやezwebが生まれたのもこの頃です。通話の音質が良くなり、写真付きのメールの送受信ができるようになったり、ネットから音楽をダウンロードできるようになったりしました。

【4G】2010年代
スマートフォンが登場。通信速度がさらに高速化し、動画や音楽の視聴、ネットショッピングなど、さまざまなことがスマートフォンでできるようになりました。

そして、2020年3月からスタートする5Gの特徴は「①高速大容量」「②低遅延」「③多接続」の3つです。

①高速大容量
5Gになると、4Gのときよりも通信速度が10倍~数十倍に高速化。動画を快適に観られるようになります。YouTubeやNetflixといった動画コンテンツサービスが、ますます私たちの生活に浸透するでしょう。高速化するのはダウンロードだけではありません。アップロードも高速化されるため、より動画コンテンツを気軽にアップロードしやすい環境ができあがるのです。

②低遅延
低遅延とは、通信の遅延が起きにくくなる、つまり通信のリアルタイム性が高まります。遅延時間は10分の1に。例えば自動車の自動運転などは、リアルタイム性が非常に重要で、ブレーキをかけるタイミングが少しでも遅れれば大事故になるのは容易に想像できますね。でも5Gであれば低遅延が実現しますので、自動車の自動運転やロボットの遠隔操作などの活用への期待が高まっています。

ただし低遅延というのは、あくまでも通信におけるものであり、サイトの読み込み速度が遅いなどサーバーでの処理時間に起因するものは改善しません。

③多接続
大きなイベントや災害時にスマホが使えなくなったという経験をされたことがある人もいると思います。4Gの場合は、一つの基地局にアクセスが集中するとこのような事態になる場合があります。これが5Gになると、アクセス可能台数が100倍に。今はインターネットに接続できるのは、スマホやパソコンだけではなく、あらゆるものがつながるIoT時代です。より多くの端末、センサーがインターネットに同時に接続できることが求められています。

5Gの課題:恩恵が受けられるのはもう少し先

NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルといった通信事業者を中心に5Gのメリットをアピールしていますが、課題も残されています。

5Gが利用できるようになるためには、基地局の整備が必要です。それも5Gは、3G、4Gとは違い産業界での利用を見込んでいるため、日本の端から端までカバーする必要があります。そこには人が住んでいない地域も含まれ、通信事業者にとっては採算がとれる地域ばかりではありません。このため、通信事業者ごとに基地局を整備するのではなく、通信事業者が協力していく方法など、どう整備していくかを今も検討している段階です。

また5Gの3つのメリットを実現するためには「サブ6」「ミリ波」と呼ばれる2種類の帯域の整備が必要です。このうち、「サブ6」は高速大容量を実現するために必要な帯域で、4Gのネットワーク設備を共用できることもあり、既に導入が進められています。一方の「ミリ波」は低遅延、多接続の実現に必要ですが、整備は容易ではありません。ミリ波は周波数が高く電波の到達距離が短いため、多くの基地局の整備が求められます。4Gの100倍の基地局が必要という話も。そして低遅延、多接続の規格が決まるのも来年です。

このことから、私たちが最初に受けられるのは「高速大容量」の部分。低遅延、多接続の実現はもう少し先になるでしょう。また基地局の整備は、都市部から徐々に行われていきますので、地方に拡大していくのは数年先だとお考えください。

一方でスタジアムや工事現場など、限られた空間に5Gネットワークを構築し利用する取り組みもスタートします。例えば、スタジアムで5Gを利用できる環境が整えば、5Gを活用したVR野球観戦といったことは実現するでしょう。
▼5GによるマルチアングルVRスポーツ観戦

中小企業にとって5Gは、大きなビジネスチャンス

5Gについては、まだ課題もありますし、先が見えない部分もありますが、たとえ時間はかかっても実現の方向へ向かうでしょう。産業の激変が起こるかもしれません。これは何も悲観的なことではなく、中小企業にとっては、新しいビジネスを生み出す大きなチャンスです。どう考えていくといいかは、日経BP社から出版されている「3ステップで実現する デジタルトランスフォーメーションの実際」(ベイカレント・コンサルティング著)は参考になるでしょう。

ご質問、ご相談などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

YouTube「株式会社ダークマターのビジネス情報チャンネル」でも5Gについて解説しています。こちらもあわせてご覧ください。