現金決済の考察(自分が現金を好まない理由)

経緯と概要

家族が利用する店舗でのエピソード。ついこの前まで現金しか使えなかったお店でカードが使えるようになったのも束の間、また現金のみになったという。キャッシュレス化が進む時代の流れに逆行する話で理解に苦しむ。

燃料小売店を長年経営していたので、現金を扱っていた経験があり、販売側からみた現金決済についてある程度理解はしている。

また当然だが消費者としての現金決済の経験もあるので、両方の立場を知る視点から改めて自分が現金決済を好まない理由を改めて考えてみた。

集金という非効率的な決済方法

  • 一面では顧客との接触の機会
  • 販売機会

販売側と購入側の両面からの考察

現金決済について、販売側、購入側のメリット、デメリットを考察してみる

販売側

メリット

  • 現金がすぐに入手できる

デメリット

  • 日々の集計のコスト(多大な人的コスト:時間など)
    おつりの準備、集計、過不足の確認、翌営業日のおつりの準備、金庫の管理、両替、預入
  • 不正の温床
    従業員によるごまかしなど
  • 顧客とのトラブル
    払った払わない
  • 自主的な記録
    領収証の発行、入金の処理
  • 集金の手間
    移動などの時間的金銭的コスト、顧客不在のリスク

購入側

メリット

  • 自分で支払いのコントロールができる
  • 支払い可能な範囲が限られるため使いすぎ防止

デメリット

  • 紛失するリスク
  • 手持ち範囲内でしか買い物できない
  • 分散するリスク
  • 自分で記録する必要がある
    家計簿・レシート収集の手間
  • 支払い時に対面する必要がある
    非効率的。その間拘束される。レジの行列や呼び出し
  • 非衛生的
  • 災害に弱い
    停電時はレジも動かない。お釣りも底をつく。記録をつけるのが難しい。
    いずれ災害に強いキャッシュレス決済ができるだろう

自分の場合

  • 現金をほぼ持ち歩かない
    =>理由:嵩張る、記録に残らない、紛失する可能性、決済時のお金の出し入れが面倒
  • お気に入りの順番
    =>スマホ決済>クレジットカード>現金
  • 究極は生体認証。早く実現することを期待。(アマゾンGOなどもう既にある)
  • 現金決済のみの店はほぼ行かない
  • コンビニやスーパーでの観察
    現金決済の人が多い

決済手数料の問題

  • 決済手数料が高い(販売側の負担)
    利幅が低いと割りに合わない(ある程度分かる)
    カードは3%前後
    口座振替の場合、件数当たり百円台?
  • 単価が安く利幅が低い商材についてはキャッシュレス化のハードルが高い
    ある程度理解できるが、現金にもコストがかかっている。
  • 今後、もっと低コストのキャッシュレス決済が普及することを期待
    企業間競争、業界間の競争、政治的な規制など
    できれば1%未満?

補足

  • 普段はキャッシュレスを利用して現金を持ち歩かない人は現金のみの店で購入しない場合がある。
  • そのような客は高単価の商品を購入する傾向があるが、現金のみの店では購入できないので機会損失をしている可能性がある。
その他のおすすめ