無料アドイン「Excel電子印鑑」を使ったハンコの作り方!エクセルで簡単に作成でき便利

エクセルに捺印するハンコを簡単に作れるのアドインが「Excel電子印鑑」。
無料で利用でき、丸型や小判型の『認印』や会社印として使わることが多い『角印』から日付付きの『データネーム印』、「社外秘」「回覧」「至急」などビジネスシーンでよく使われる『ビジネス印』」まで、5分もあれば作れます。
印鑑を押すのも、エクセル上で右クリックして、印鑑の種類を選ぶだけなので、簡単。
エクセルで作成した請求書などに捺印するデジタル印鑑をお探しでしたら、他にフリーソフトもありますが、「Excel電子印鑑」も便利に使えると思います。

では、早速、使い方を見ていきましょう。

Excel電子印鑑

「Excel電子印鑑」のインストール方法

Window 98/Me/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10上の「Excel 2000」以降に対応。筆者は、Windows 10 Pro (64bit)「Excel 2016」で動作することを確認しました。

1.Excel電子印鑑のWebサイトにアクセス

2.ダウンロードしたZIPファイルを展開する

3.「アドインインストール用」というファイルをダブルクリックし、開く

4.「編集を有効にする」、「インストール」を順にクリック

これでアドインのインストールは完了です。

アドインをエクセルから削除したいときは、3で使用したファイル「アドインインストール用」を開き、「アンインストール」ボタンをクリックしましょう。

電子印鑑の作り方

1.新規でエクセルを開く。右クリックし、「Excel電子印鑑」、印鑑設定とクリック

2.上部にあるタブから、作成したい印鑑の種類を選択。名前を入力し、フォント、色、サイズ、傾きを設定し、「OK」をクリック

電子印鑑の捺印方法

1.電子印鑑を押したい場所にカーソルを持って行く

2.右クリックし「Excel電子印鑑」を選択。「認印押印」など押印したい種類の印鑑を選ぶと、押印される

印影は、一般的な画像と同様に、クリックすると選択でき、マウスやキーボードの矢印キーで自由に位置を変更することもできます。

Excel電子印鑑で作成した電子印は、赤字以外の部分は透明ですので、文字の上に印影を重ねた場合も、文字が消えることはありません。
(透過処理がなされていない場合、赤字以外の部分は白色で、文字が消えます)

印鑑の色を変えたい場合は、「印鑑設定」で変更します。赤以外に黒や青、緑など多種多様なカラーバリエーションが用意されていますよ。

毎回、「印鑑設定」で変更するのが面倒という場合は、捺印後にエクセルの機能を使い変更することも可能!印鑑をクリックして選択後、「書式」、「色」の順番にクリックしましょう。

「Excel電子印鑑」が使えないとき、エラーが出たとき、使い方が分からないときは、「Excel電子印鑑ヒント集」が参考になります。

参考:電子印鑑の作り方(無料/有料)と押印する方法5選

弊社では、お客様が抱える問題・課題に応じて、解決策をご提案し、サポートいたします。特定の業者ではなく、中立的な立場であるからこそ、より最善のご提案ができるのだと考えています。困ったことがあったときに、「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえるような存在になれたら幸いです。当社だけで解決できない問題については専門家とチームを組み解決に努めます。

その他のおすすめ