法人版の Acrobat Pro DC を購入した!(PDF本家アドビの有料製品版)

経緯と概要

  • 新型コロナの問題でテレワークが注目されている。また書類やハンコがテレワーク化を難しくしている要因とされている
  • 今後、書類とハンコの代わりとしてPDFと電子署名が利用されてくる?
  • PDF本家のアドビ製品を利用した電子署名などを試してみる予定
  • 今回、数年来使っていた個人版のAcrobat Pro DCを法人版に変更した
  • そこで法人版のAcrobat DC導入の参考例として動画を作成した

Acrobat Pro DC法人版導入事例(参考)

  1. 法人向けのAcrobat DCグループ版を必要ライセンス分購入(最低1つ)
    →購入者のメールアドレスとクレジットカード情報や会社名などの入力
  2. メールから使用開始(Admin Consoleにログイン)
    →ブックマークに追加しておくと良い
  3. ユーザー、ユーザーグループ、管理者を追加(必要に応じて)
  4. パッケージを作成・ダウンロード・インストール
    →利用するPCすべて
    ※「製品:Acrobat Pro DC」のユーザーの割り当てによってダウンロード可能になる(メールによる通知)等
    ※パッケージ作成は必須ではない。パッケージを作成するメリットは、作成パッケージを社内ファイルサーバに置いておくことでインストーラを毎回Adobeからダウンロードしなくて済む、Remote Update Manager機能で管理者が各クライアントのアップデートを実行できる、など?
  5. 「Acrobat Pro DC」を起動してログイン(電子メール:パスワード)
    https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat/acrobat-pro-cc.html

流れ

上記①で購入した後、電子メールが届く。「使用開始」をクリック

ログイン画面になるのでログインをする。その後「ユーザー」をクリック

必要に応じてユーザーを追加していく

ユーザーグループも同様に、必要に応じて作っていく

管理者も必要に応じて作っていく

上段の「パッケージ」を選択し「パッケージを作成」をクリック

パッケージ名と、各項目を選択していく。

パッケージを作成すると、先程のページからダウンロードが出来るようになる。

ユーザーはメールアドレス(Adobe ID)で紐付いている

  • アクセス権(使用権)は自由に移動できる
  • まずは1アカウントを購入して不便さを感じたら「ライセンスの追加」をする
  • 法人名義で一括支払いができる
  • 使用者の管理ができる(入社や退社など)

まとめ

  • Adobe Acrobat DCの法人向け(Acrobat DCグループ版)を購入。購入後にする最低限の設定などの紹介。
  • 今後、テレワークなどでPDFの利用は大きくなると予想される。PDF本家Adobeの製品版Acrobat DCは重要性は増すか?

導入をご検討の場合、こちらのバナーのジャンプ先で「法人向け」を選択してください。バージョン別の機能比較なども参照できます。