政府のお墨付き!「ハンコ無しでも契約は有効」(IT時代にハンコ文化は見直すべき!)

経緯と概要

  • 新型コロナの影響でテレワークが推奨されているが、押印・捺印のために仕方なく出社するという報道をよく耳にした。
  • 契約書などに押印するという商慣習は非常に根深いが、IT時代には全く合わない非効率的なものになっている
  • 今回、政府の見解として原則的に契約にはハンコは不要とお墨付きがでた。
  • ハンコの代わりとして「電子署名(電子サイン)」というのがある。
  • PDFに電子署名したりAdobe Signを利用するなどデジタルを利用した技術やサービスはいくつも存在しており、今後はそのように変化すべきだろう。

関連記事紹介

新型コロナ:「契約書のハンコ不要」、政府が見解 対面作業削減狙う :日本経済新聞

法務省:押印についてのQ&A (PDF

まとめ

  • 原則として契約書にハンコは不要という政府の見解が出されていた紹介した
  • Adobe Signなどのデジタルツールがあるのでオンラインでもビジネス上の契約は可能(特定のもの以外)