小規模企業でもできる!商標登録をやってみた [その1] 登録料の納付をオンラインでする準備

概要と経緯

2019年4月頃、ある言葉をビジネスで利用することを思いつき、商標登録をすることにした。

本やネットを駆使し、自分でやってみることにする。

→商標登録出願(2019年5月)
→特許庁から登録査定が届く(2020年5月)
 ※その間、特に何もなし!
→「今はココ!(下図の赤丸部分)」
→これから「登録料の納付と納付書を郵送」する必要があり!
 (注)今後30日以内にする必要あり!

◆参照
初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~(特許庁HP)

◆商標登録の流れ

特許庁HPより

登録料の納付方法は6種類

納付書作成および郵送が必要
→納付の方法は6種類ある。オンラインでも可能だが手続きが必要。

◆参照
商標の登録査定を受け取った方へ(特許庁HP)
→上記からオンラインでの納付を希望!

電子証明書の取得が必要

◆参照
電子証明書取得のご案内(法務省HP)

オンラインで納付する方法

納付用の専用ソフトがある(納付書もオンラインで処理が可能か?)

電子出願ソフトサポートサイト

インターネット出願ソフト(DLページ)
→初回は「ソフトの初回インストール(ダウンロード請求)」が必要

ソフトについてのサポートは「電子出願ソフトサポートセンター」
→上記URLの右下にある。

※このソフトを利用するには法務省の電子証明書が必要!(入手する必要がある)

法務省の電子証明書の入手

会社・法人の代表者等に関する電子証明書の取得方法について(PDF)
→専用ソフトで申請書の作成
→登記書へ申請(郵便申請も可能)
→電子証明書取得

◆専用ソフトの場所
「商業登記電子認証ソフト」のダウンロード(法務省HP)
→Windowsのみ対応している模様
→相当分の収入印紙を購入し、添付して郵送する模様
 当社の場合、3ヶ月分の2500円を購入

※郵便局?コンビニ?(ここでオンラインではなくなる!)

整理する!

「インターネット出願ソフト」(Mac・Win)
→法務省の電子証明書

「商業登記電子認証ソフト」(Win)
※収入印紙の購入(郵便局orコンビニ?)

法務省の電子証明書を入手する

  1. 商業登記電子認証ソフトをインストール
  2. 上記ソフトにて申請書の作成
    (手数料分の収入印紙を添付)
  3. 郵送する
    (切手付きの返信用封筒を同封)

。。。。続く

まとめ

前回の動画の続き。商標登録で登録査定まで完了!

※登録料の納付手続きをオンラインで挑戦したが、かなり複雑で手続きが多い。もっと簡単にできないか?