【中小企業向け】G Suiteを活用した業務効率化のご提案

近年、ICT(情報通信技術)の活用や人事制度の見直しを行う企業が増えています。

その拝見にあるのは、生産年齢人口の減少という慢性的な人手不足です。
働き手の確保に多くの企業が悩まされています。

この状況を打開する方法として、主に行われているのが次の3つです。

  • 働き続けられる環境作り
    育児中、介護中など何かしらの事情があっても、働き続けられるように制度や環境を整備。テレワークの導入は、この施策のひとつです。
  • 労働生産性の向上
    より少ない人数で仕事を行えるよう労働生産性を高めます。
  • 外部スタッフの利活用
    副業の解禁やフリーランスの増加により、プロジェクトごとに社内外から適した人材を集め、仕事を行うケースが増加。こういったワークスタイルで業務を進める場合、同じ時間に同じ場所に居なくてもスムーズに業務を進められる環境が求められます。

こうした働き方改革を行う際の成功のカギは、「ICTの活用」「社内制度・ルールの整備」「文化の醸成」です。

弊社では中立的な立場で、御社に合う最善の方法をご提案し、サポートいたします。

丁寧にヒアリングをさせていただいた上で、ツールなどを選択していきますが、中小企業の場合、G Suiteをお選びいただくことが多いです。

G Suite(旧 Google Apps)を選ばれる理由

  • メンテナンスフリー
    IT専門のスタッフがいないことも少なくない中小企業にとって、ツールのメンテナンスが不要なのは大きなメリットです。G Suiteでは、利用者は何もしなくても、常に最新のサービスを利用可能。また新たなにソフトウエアをダウンロード、インストールする必要がなく、ブラウザで全ての操作や管理ができます。
  • デバイスフリー
    G Suiteは、パソコンに加えて、タブレットやスマートフォンからもアクセス可能。ブラウザさえあれば利用できます。営業先で急にほしい資料があったら、タブレットでアクセスしてお客様にお見せするといった活用もOK。
  • 多額の初期投資が不要&少人数から利用可能
    システムによっては最初にまとまった金額の設備投資が必要な場合もありますが、G Suiteは初期費用が不要。1カ月から導入できるので、試してみやすいというのもあるでしょう。また利用人数も1人からOK。年間でスタッフの増減が大きい事業所でも無駄がなく柔軟に対応できますね。

もっと詳しくお知りになりたい方は以下もあわせてお読みください。

中小企業に合うのは「G Suite」と「Office 365」のどちら?比較して違いを解説
【G Suite(旧Google Apps)】有料版は、無料版とはどう違う?
G Suiteで業務を自動化「Google Apps Script」の活用
中小企業がG Suiteで行う働き方改革!場所を超え、業務改善をして成果を上げる

弊社では、中小企業がIT化を推進する際、企業にあった形で適切に実施されるよう、コンサルティングを行っております。何かお困りのこと等ありましたら、遠慮なくお問合せください。