ラズベリーパイとは

こんにちは。
今回は、弊社で注目しているラズベリーパイとは何かについてご紹介します。

ラズベリーパイ(Raspberry Pi)は、簡単に一言で説明すると「小さなコンピューター」です。日本では略して「ラズパイ」と呼ばれることもあります。

英ラズベリーパイ財団が開発。
コンピューターといっても写真のように、むき出し一枚のボードです。
名刺サイズの基板に、CPUやハードウェアの大半が埋め込まれていて、USB等で周辺機器と接続し利用することができます。ラズベリーパイにOSをインストールし、ディスプレイやキーボード、モニター等を用意すれば、私たちが普段使っているパソコンのような形で使うこともできますよ。

そんなラズベリーパイの最大の魅力は、小型安価なこと!
数千円で手に入ります。
2012年に初めて登場して以降、性能がかなり向上し、ワイヤレス通信などへも対応しています。

ラズベリーパイを使うと何ができるの?

先ほど、ラズベリーパイをパソコンのような形で使うことができるとお話しましたが、実はそこにとどまりません。音楽プレーヤーや多機能家電、防犯カメラなど、アイデア次第で用途は無限大にあります。映画「スターウオーズ」に登場するR2-D2を実現した方も……。ご興味がある方は、「アプギガ」の「小型PC「ラズベリー・パイ」で自作した神作品10選の猛者たちが天才過ぎる!」の記事は参考になると思います。

弊社では、このラズベリーパイを使い「見守りシステム」を構築し、昨年末に行われた「住宅・都市イノベーション総合展」で紹介。おかげさまで好評を得ることができました。見守りシステムにラブベリーパイを使うことで、大掛かりな工事・費用が不要というメリットがあります。

どんなことができるのかというと……

  • 人の動きをセンサーで感知して把握。一定時間変化がなければメールを送信し家族に知らせる
  • 人がいないはずの場所に侵入者があるとセンサーが感知して連絡
  • 写真を撮影することも可能
    など

防犯目的に使用するも良し、見守り目的で使用するのも良し、その可能性は無限大です。弊社では、お客様の用途に合わせて製作いたします。

商品の詳しい紹介については、当サイトでも随時行っていきますが、ご質問等ありましたら、遠慮なくお問い合わせフォームからご連絡をください。

工業技術新聞に弊社開発の住宅用ソリューションが紹介されました!

工業技術新聞(2017年3月10日)に株式会社ダークマターに関する記事が掲載されました!

昨年の12月に東京ビッグサイトで開催された「住宅・都市イノベーション総合展(高性能住宅設備EXPO)」に出展した際の様子をご紹介いただきました。

全ての“モノ”をインターネットに接続せるIoT。弊社では、このIoTを用いたソリューションを多数提案しました。手のひらサイズで低価格ながらLinuxパソコンとしても使用できるほど高性能なラズベリーパイを活用することで、大掛かりな工事を行うことなく、見守りシステムなどの構築が可能になります。

具体的なサービスについては、以下の新聞記事をご覧ください。

弊社代表・齊藤の展示会での感想は、「「住宅都市イノベーション総合展2016」への出展が無事に終了しました」にまとめています。よろしければ、あわせてご覧ください。

リフォーム産業新聞で弊社開発の見守りサービスが紹介されました!

住宅リフォーム市場向けの経営専門誌「リフォーム産業新聞」の2017年3月7日号に弊社の紹介記事が掲載されました。

弊社では、超小型コンピュータボード「ラズベリー・パイ」などを使用した見守りサービスのソリューションを提供しています。お客様のご要望に合わせて、商品を製作しますので、「こんなことできないかな」と思うことがありましたら、お問い合わせください。

ラズベリーパイ用のモニターとして7インチ液晶モニターIGZOを購入しました

ラズベリーパイ用のモニターとして使うことを目的に秋月電子通商から
SHARP 7インチ高精細IGZO-LCDパネル 接続モジュールセット(ラズベリーパネル接続キット)を購入しました。

組立には少し苦労しました。

以下の写真はPC(Windows10) のモニターとして使用した様子です。

画像は非常に鮮明です。

またサイズも名刺サイズのカードと比較すればわかるように小型です。

このモニターはタッチパネルとしても使えるので用途が広がります。

ただ現在は、ケースがないので今後、自社の3Dプリンターで作成する予定です。

7インチ高精細IGZO-LCDパネル : IGZO

7インチ高精細IGZO-LCDパネル : IGZO