テレワーク導入の参考に!(株)沖ワークウェルの20年間の変化

こんにちは。

働き改革が進む中、注目されている「テレワーク」。
人手不足の解消、生産性の向上など、さまざまな効果が期待されていますね。

冬になると毎年のように流行するインフルエンザの感染を防ぐのにも効果がありそうです。

取り組みが進んでいる企業は、どこなのでしょうか。

平成29年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」受賞企業は次の5社。
・株式会社NTTドコモ
・株式会社沖ワークウェル
・大同生命保険株式会社
・日本マイクロソフト株式会社及びマクロソフト ディベロップメント株式会社
・ネットワンシステムズ株式会社

各企業の特徴はこちらで紹介されています。

大手企業が多い中、株式会社沖ワークウェルの受賞はテレワークの大きな可能性を感じます。

株式会社沖ワークウェル

OKIワークウェルは、2004年に設立された障がい者雇用を専門に行う特例子会社で、高度なITスキルを持つ重度障がい者が在宅勤務でホームページの作成やイラスト・デザイン制作などを行っています。OKIワークウェルではいち早く在宅勤務制度を取り入れ、独自開発のコミュニケーションシステムを活用することにより、現在全国21都道府県の重度障がい者49名が在宅で業務を行っています。
プレスリリース:総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」受賞

公式サイトによると、2017年9月現在、全社員は81名。
半数以上の人が在宅勤務で働いていることになります。

サイトでは、在宅雇用の仕組みが、発足当時と現在の両方が紹介されており、障がい者云々という話ではなく、在宅勤務の導入を検討中の企業にとって、とても参考になるでしょう。

業務内容は、在宅雇用発足時は、在宅で仕事を行いやすい「ホームページ更新」「データ入力」だったのに対して、現在は「人事総務部門作業」など幅広い業務を行えるようになっている点が非常に興味深いです。

業務内容を広げることに成功した要因に、独自で開発した『ワークウェルコミュニケータ』という常時接続型多地点コミュニケーションシステムの存在がありそうです。

業務時間内は常時接続することにより、雑談から打ち合わせ、顧客との商談まで可能になりました。
会社に出勤しているような形で仕事が可能になったことで、会社に出勤しないとできなかったことができるようになったのでしょう。

ITインフラやセキュリティ対策については、徐々に環境を整備していった印象があります。
在宅雇用導入から20年が経ち、採用ノウハウもたまってきているようです。
逆に教育や待遇については大きな変化がないのもまた興味深いですね。

会社の規模や扱っている業務により在宅勤務を導入する際に何を重視するかは異なりますが、どんな企業であってもスモールステップ(少しずつ進めて拡大していく)で始めるのが理想です。
スモールステップで進めることで、課題を改善しつつ拡大が図れます。
業務に与える影響も最低限にとどめることが可能です。

弊社ではテレワーク導入のサポートなどを行っています。かかりつけの医者のように「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえる存在を目指していまので、何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

人材不足の解消方法:フリーランスを活用した対策法


こんにちは。

人手不足を訴える企業や業界が増えてきています。
そして人手不足が原因で倒産に追い込まれている企業もあるといいますね。

特にIT技術者不足は深刻化してきています。
独立行政法人情報処理推進機構が発表した「IT人材白書2017」の図表2-2-7によると、日本のIT技術者の72%はIT企業で働き、次いで機械器具製造が7.5%、サービス産業が6.5%となっています。

でも今はどんな業界もデジタル化やインターネット、人工知能、仮想通貨など、ITとは無関係ではいられない状況になってきています。
そして自社にIT技術者がいない企業は、その取り組みを急いでいることでしょう。

ちなみに「IT人材白書2017」の図表2-3-7によると、IT企業の人材不足改善の取り組みのうち効果があったものは「社内人材の育成強化」が66%と最も多い結果となっています。
自社での育成が欠かせないと考えることができるでしょうか。

では、IT技術者を雇用するほどの業務量がない、そこに投資する余裕がない企業はどうしたらいいでしょうか。

その解消法の一つがフリーランスの有効活用です。

リクルートワークス研究所の機関誌「Works No.144」で「フリーランスがいる組織図の描き方」が特集されていました。(PDF版は無料でダウンロード可能)

そのときどきで、 必要な人的資源の能力やスキル、経験や技能といった要件は変わる。それに対応しようと思えば、雇用している人だけでなんとかするのは困難 である。新卒採用と自前での育成で は時間がかかりすぎるし、中途採用 はそもそも労働市場が小さく、獲得 競争も激しさを増している。ここで、 「自社で雇用している人でなければ」 「フリーランス(個人)との取引は 不安」と躊躇していては、環境に合わせた事業の変革、会社の進化が滞りかねないし、本当に優秀な人材は いつまで経っても獲得することができない。そしてこれらは現実になりつつある。

人材不足感が強い IT系を筆頭に、 優秀な人ほど、1つの企業に束縛さ れるのを嫌って独立したり、フリー として働いている、という現象は既 に起きている。人工知能(AI)やデー タアナリティクスの領域では、信じ られないほどの高額報酬での人材獲 得競争が続いており、資金力が潤沢 でない企業は正社員では採用できな い状態である。しかし、フリーラン ス契約であれば、かけられるコスト に合わせて仕事を依頼できる可能性 は十分にあろう。

情報漏えいの問題、個人との契約に対する不安など、フリーランスに依頼しにくい理由はあるかもしれませんが、ここ数年で状況は大きく変わり、依頼しにくい理由に対する解決策(サービス)が生まれてきています。
「Work」の中では4つの事例が紹介されており、その解決策についてもいくつか触れられています。
これを読むと、雇用形態にこだわるのではなく、どうしたらうまく一緒に成果を出していけるかを考える方が建設的な気がしてきます。

 

弊社では全てに関して最適なアドバイスや解決策を提供できるわけではありませんが、かかりつけの医者のように「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえる存在を目指しています。何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

EvernoteとGoogle Keepの使い分け!仕事の管理、ToDo管理に

こんにちは。

皆さんは、「Keep」というサービス(アプリ)をご存じでしょうか?

「Keep」とは、Googleが提供しているオンラインメモサービスです。
もちろん無料で使用できます。

Google Keep

Google Keep

2013年にリリースされた直後は、Evernoteなどと比較すると正直見劣りする印象でしたが、その後のバージョンアップを経て便利なアプリになりました。
社内用の共有ツールとしても使えます。

どんなアプリかまずは概要を知りたい方は、こちらの動画が分かりやすかったです。 グリットグループホールディングス株式会社の事例も交えながら紹介されています。

▼Keep or Note もう忘れない! G Suiteユーザーのための情報管理術

Google Keepの便利な点

無料で始められるメモアプリといえば「Evernote」やマイクロソフトが提供する「OneNote」が有名です。
「Google Keep」「Evernote」「OneNote」のどれもが優れており、その人にとってどれが一番かは、置かれている環境、活用法、好みにより変わってくることと思います。

ここからは、上記3つのアプリを比較しながら、Google Keepについて特徴を説明していきます。

・シンプルで直感的に操作できる
あくまでも筆者の主観になりますが、「Google Keep」「Evernote」「OneNote」の中で一番、直感的に操作ができたのが「Google Keep」でした。付箋紙にメモを取り、パソコンに貼り付ける感覚に近いです。「Google Keep」の場合は、入力したメモの順番を画面上で簡単に入れ替えたり、ピン留め(固定)しておいたりできます。「OneNote」もメモを好きな場所に配置できますが、できることが多い分だけ、使い方を事前に知っておいた方が便利に使えるように思います。

・デバイスフリー
「Google Keep」「Evernote」「OneNote」のどれもが、PC(Windows / Mac)、タブレット、スマホ(Android / iPhone)など、さまざまなデバイスで利用可能です。ただし、「Evernote」の場合は、無料プランの場合、利用できるのは2台まで。

・リマインダー機能がある
メモごとにリマインダー機能が付いており、あらかじめ時刻を設定しておけば通知してくれるサービスです。Googleカレンダーなどのリマインド機能と重複する部分もありますが、「15時に○○さんに電話」というメモに「15時」に通知されるように設定しておくと、他の作業に集中していても、忘れることがなく重宝します。また毎週同じ時間に通知が来るように設定することも可能です。メモ欄には、相手の電話番号や名前、用件などを入力。終わったメモは削除することもできますし、アーカイブとして残しておくことも可能です。

・メモを分類できる
「Google Keep」と「Evernote」はメモをラベル(タグ)で分類できます。サイドバーにあるラベル名をクリックすると、そのラベルが付けられたメモが表示されます。どうしてもメモが増えてくると、一覧にしたときにパッと分かりにくくなるので、ラベルに加えて、色もうまく活用するといいでしょう。

・検索機能が優れている
さすがGoogle!と感じるが「検索機能」。文字に加えて、リマインダーやラベル、色でも検索できます。「弁当を作る」というメモを書いたところ、自動で「食品」という項目までできていました。

・チェックリストが便利
チェックリストを使ったメモを作成できます。ToDo管理や買い物リストの作成などに便利。チェックを付けると、取り消し線が引かれます。

・メモを保存しておける
用件が済んでメモでも、後から読み返すと便利なものがあります。そんなときは、「アーカイブ」をクリックすれば、メモを保存しておくことが可能です。
作業記録として残しておけるToDoや連絡先が書かれたメモなどは保存しておくといいでしょう。

・メモを共有できる
メモを他の人と共有することが可能。部署内で全員がGoogle Keepを使い、毎日のToDoを共有するようにすれば、離れた場所で仕事をしていても誰が何をしているのか予想がつきやすくなります。ToDoに実施予定時刻も入力しておくと、なおさら便利ですね。

その他、メモはテキスト入力以外に、音声入力、手書き入力にも対応しており、画像のアップも可能です。また画像のテキスト化にも対応しています。

ちなみにEvernoteやOneNoteでは、表の入力や文字の装飾が可能ですが、Google Keepではできません。

活用事例

筆者の場合は、EvernoteとGoogle Keepの両方を使っています。
実は一時期Evernoteではなく、OneNoteを使っていたのですが、今はOneNoteは使っていません。

Google Keepは、ToDo管理とちょっとしたメモを取るのに使っています。
一方のEvernoteは、ノート的な使い方をしています。
具体的には、業務のマニュアルや会議の議事録の保存、原稿の作成、仕事の参考になりそうな情報の蓄積などを行うツールという位置付けです。
Google Keepに、後から調べたいことをメモしておいて、実際に調べた結果はEvernoteに記しておきます。

Google KeepもEvernoteも、仕事でもプライベートでも使用しており、そこはあまり厳密には分けていません。

弊社では全てに関して最適なアドバイスや解決策を提供できるわけではありませんが、かかりつけの医者のように「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえる存在を目指しています。何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

(関連記事)
【G Suite(旧Google Apps)】有料版は、無料版とはどう違う?
中小企業に合うのは「Office 365」と「G Suite」のどちら?比較して違いを解説
メールアドレスを複数持ちたい!メールエイリアスとは?Gmail、G Suiteの設定方法

フードコートで注文、キャッシュレス決済、呼び出しまで完結する新サービスの導入

こんにちは。

イオンイーハートは1月16日、商業施設のフードコートで注文から決済サービス、料理提供の呼び出しまでスマートフォンでできるサービスを導入したそうです。

商業施設のフードコートで日本発!お客さまのスマートフォンで注文、キャッシュレス決済、呼び出しまで完結する新サービスを導入
(イオンイーハート プレスリリースより)

混雑時には、席を見つけることができても、注文のために行列に並ぶこ とや、店舗カウンターと座席間の往復、待ち時間にストレスを感じているお客さまもいらっしゃいます。 本サービスは、お客さまのスマートフォンに「putmenu®」アプリをダウンロードしていただくこ とで、席に座ったまま注文・決済が可能となります。また、料理提供時の呼び出しもスマートフォンで行 うため、出来上がりまでの待ち時間はフードコート以外の場所で自由に過ごすことも可能です。

小さなご兄弟を連れていると、食べたい料理が同じ店とは限らず、1つの店に並び、受け取った後にまた別の店に並ぶといった経験をされている方もいらっしゃることと思います。

それがスマホひとつで座席で注文して決済までできるのは大変便利で画期的!

まずはイオンモール幕張新都心店の「おひつごはん四六時中」での運用からのスタートとのことですが、全国に広まる日が楽しみです。

 

最近は、ロイヤルホストを運営するロイヤルホールディングスが現金お断りの店を出したり、すかいらーくグループがセルフレジを導入したりと、あちこちでキャッシュレス化の動きがみられます。

東京五輪もありますし、この動きはますます加速していくことでしょう。

この流れにのり小売店などでもさらなるキャッシュレス化が進んでいくかもしれませんね。

弊社では全てに関して最適なアドバイスや解決策を提供できるわけではありませんが、かかりつけの医者のように「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえる存在を目指しています。小売店のキャッシュレス化などについてもご相談可能です。何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

(参考)
飲食店で進むキャッシュレス化、今後の課題は?
【キャッシュレス化】楽天ペイ導入の流れ

メールアドレスを複数持ちたい!メールエイリアスとは?Gmail、G Suiteの設定方法


こんにちは。

少し前にとあるサイトに掲載されていたメールアドレスに連絡をしてみたものの返事がなく、お電話をしてみました。
そしたら、「そのアドレス、あまり見ていなくて、すみません」とのこと。

実は、こういうケースが多々あるようです。

会社員だと一人に一つのメールアドレスを用意することが多いと思いますが、それ以外にサイトからの問い合わせ用、部署用、各事業用など人によっては複数のメールの管理が必要なことも……。
そうすると、めったにこないメールアドレスは、ほとんどチェックしない……となるのも分かる気がします。

このようなケースは、「しっかりメールチェックをしましょう」という心掛けで解決しようとすると失敗しがちです。
忙しいと優先度は低くなりますからね。

そこでシステム的に解決するのがおすすめです。
あまりチェックしないメールアドレス宛のメールを最もよく使う個人用アドレスなどに自動転送する方法がひとつ。
そして、これとは別に「メールエイリアス」を使う方法があります。

「メールエイリアス」は前述したようなケース以外にも、知っていると何かと便利です。
今回は「メールエイリアスって何?」という方に向けて、設定方法と便利な使い方をご紹介します。

メールエイリアスとは?

「エイリアス」とは「別名」という意味です。
メールエイリアスとは、メールアドレスのニックネームと考えていただくと分かりやすいです。


人間で例えると「山田太郎さん」という方の場合、「山田さん」「太郎くん」などと人によって呼び方が違っても、山田太郎さんは呼ばれていることに気付きます。


メールの場合も同様。本来のメールアドレスの別名を作ってあげるのです。「webmaster」「info」どちらのユーザー名のアドレスも「yamada.tarou」に届きます。

見た目は、「webmaster」も「info」も、普通のメールアドレスと同じですが、実際はメールボックスがなく、本来のメールアドレス「yamada.tarou」に届きます。
メールボックスはありませんが、「webmaster」や「info」のアドレスでメールを送信することも可能。
また、今回の例では「webmaster」「info」としましたが、ここの名称は自由です。
山田さん宛であっても「tanaka」と付けてもOK。
ただし、@マーク以下のドメインは同じである必要があります。

設定方法

メールエイリアスが使えるかどうかは、サービスによって異なります。
ここでは、Gmail(Gメール)とビジネス向けのG Suiteの設定方法についてご紹介します。

Gメール

Gmailの場合は、設定不要でエイリアス機能を使うことができます。
やり方は簡単!
「yamada.tarou@gmail.com」というメールアドレスの場合で説明していきます。

(1)ユーザー名+任意の文字列

自分のユーザー名の後に「+(プラス)」を付けた上で任意の文字列を加えたメールアドレスを利用できます。
「yamada.tarou+work@gmail.com」「yamada.tarou+1@gmail.com」といった具合です。
任意の文字列の部分は、アルファベットのほかに数字も使用可能。

ただし、+を付けたメールアドレスはあまり見慣れないので、相手によっては違和感がある方もいらっしゃるかもしれません。
その場合は、(2)のドットを使った方法がおすすめです。

(2)ドット(ピリオド)の追加、削除

ユーザー名にドットを追加したり、削除したりしても、Gmailだと同一アドレスとみなされます。
例えば、「yamadatarou@gmail.com」や「yama.da.tarou@gmail.com」「ya.ma.da.tarou@gmail.com」など。
ただし、ドットを2つ以上連続して使用したり、@マークの前に入れたりすることはできません。

(3)googlemail.comドメイン

日本で作ったGmailアドレスの@マーク以下は「gmail.com」ですが、海外の一部の国で使用されている「googlemail.com」も使用できます。
つまり「yamada.tarou@googlemail.com」も使えるのです。

(1)~(3)のどの方法で作ったメールアドレスもメールが届くのはあくまでも「yamada.tarou@gmail.com」です。

実際に使う場合は、事前にテストをして、使えることを確認するのがおすすめです。

メールエイリアスを活用する場合は、Gmailのフィルタ設定も上手に使うといいでしょう。

(参考)メールのフィルタルールの作成(Gmailヘルプ)

検索条件を入力する画面で「To」にメールアドレスを入力し、「この検索条件でフィルタを作成」をクリック。
「ラベルを付ける」にチェックを入れ、新しいラベルを作成します。

G Suite

G Suiteの場合は、「+」や「.(ドット)」を使用することなく、完全にオリジナルなメールアドレスを作れます。

1.管理画面にアクセスし、「ユーザー」をクリック
2.エイリアスを作成するユーザーを選択
3.「アカウント」をクリック
4.「エイリアスを追加」をクリック
5.作成したいメールアドレスを入力
6.「保存」をクリック

こちらの方法で作ったメールアドレスもメールが届くのはあくまでも前述のGmailの例と同様本来のメールアドレスです。

何が便利なのか。利用シーン

ここからは、どんな場面で便利なのかご紹介していきます。

◎外部サービスへの登録
仕事でもプライベートでもWebでのサービスを利用する場合、メールアドレスが必要になります。
でもあまり名前が知られていないサービスだと、多少なりとも不安があるもの。
大量のスパムメールが届くようになる可能性だってあります。
そんなときはエイリアスのアドレスを使って登録しておくのがおすすめです。
G Suiteのエイリアスのようにオリジナルのアドレスであれば、簡単に破棄できます。
G mailのようなタイプであれば、フィルタ設定で「削除する」ようにしておけばいいのです。

メルマガなど、とりあえず登録してみるときなどにも便利です。

◎信頼できない相手とのやり取りに
信頼できない相手とやり取りする際もエイリアスのアドレスを使うといいでしょう。
ただし、G mailのエイリアスの場合は、すぐに本来のメールアドレスが分かってしまいますので、ご注意ください。

◎スタッフへの転送設定が楽

例えば、ECサイトを運営している場合。全ての問合せを一通り管理したいけれど、その後の具体的な対応は○○関連の問合せはAさんへ、△△関連の問合せはBさんへといった形でお願いする場合、メールアドレスを変えておくと、簡単に転送できるようになります。

今、必要がなくても、こんなことができるというのを知っていると、いつか役に立つこともあるかもしれません。

弊社は全てに関して最適なアドバイスや解決策を提供できるわけではありませんが、かかりつけの医者のように「ちょっと聞いてみよう」と思ってもらえる存在を目指しています。何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

(関連記事)
【G Suite(旧Google Apps)】有料版は、無料版とはどう違う?
中小企業に合うのは「Office 365」と「G Suite」のどちら?比較して違いを解説
Google Vaultとは?低コストで電子証拠開示やコンプライアンスのニーズに対応!